たいせつにまもりたい ひとつの心 ひとつの生命

介護老人保健施設 うぐいすの丘 特定医療法人檜山会

もの忘れ外来

donnna.GIF

病気の経過とともに誰にでも起こる症状(中核症状)と本人の性格・環境・人間関係などさまざまな要因が絡み合ってあらわれる症状(周辺症状)とがあります。
syoujyou.gif

認知症は、中核症状が進行するにつれ周辺症状が次第に強くなっていく傾向がみられます。中核症状は認知症になると必ずみられる症状で、薬物治療の効果はあまり期待できませんが、周辺症状については薬物治療や適切なケア・対応によって改善が可能です。


ninntishousinngou.GIF認知症の様々な症状は本人はもちろん、家族が気付かないところで進行していきます。本人の何らかの変化に「もしかして認知症かしら」と気付いたり疑問をもったりすることはまれで、認知症と診断された後に「そういえば」と何らかの変化に気付いていたということも少なくありません。その人のちょっとした変化に気付き、早期治療につなげることが求められます。