たいせつにまもりたい ひとつの心 ひとつの生命

介護老人保健施設 うぐいすの丘 特定医療法人檜山会

「秋のふれあい広場」を開催しました

 今年で19回目になりました「秋のふれあい広場」。
前日まで雨予報で不安を抱えていましたが当日は快晴!!無事に開催することが出来ました。

 催し物では東大村小学校の元気な子どもたちによるエイサー、ソーラン節!!力強く元気に踊って頂きました。患者さんも年に一度の機会で、踊りに合わせて手拍子をしたりとても喜ばれていました。
 そして、昨年人気でした中澤院長による講話を開催しました。
認知症を知るきっかけになるとたくさんのご家族の参加があり大好評でした。
 また、今年は秋のふれあい広場初となるオリーブの会によるハーモニカ演奏会!優しいハーモニカの音色で会場内が包まれました。
 とても賑わい、参加されたご家族からからは「初めて来たがとても楽しかった」、「2人で写真を撮ってもらったのは何年ぶりかでとても嬉しかった」など嬉しい感想を頂戴いたしました。

 今回は「患者さんと家族、スタッフの交流を図る」という目的を掲げ、企画・準備を行ない、スタッフ一同笑顔でお祭りを盛り上げる事ができ、交流に繋がったと確信しております。
 今後も沢山の患者さん、家族、地域の方々に笑顔で参加して頂けるような秋のふれあい広場を開催出来るように取り組んでまいります。

 【秋のふれあい広場】

秋のふれあい広場2019_1 秋のふれあい広場2019_2
秋のふれあい広場2019_3 秋のふれあい広場2019_4